ボリューム満点!!ガツンと食べる鍋焼きうどん「こくや」 と小川村歴史郷土館でコーヒータイム(長野県小川村)

投稿日:2016/02/17
「こくや」の鍋やきうどん(長野県小川村)

「こくや」の鍋やきうどん(長野県小川村)

「こくや」の鍋やきうどん(長野県小川村)

「こくや」の鍋やきうどん(長野県小川村)

小川村歴史郷土館でコーヒータイム

小川村歴史郷土館でコーヒータイム

小川村歴史郷土館でコーヒータイム

今日は長野市に用事があり、少し早目に白馬を出て「こくや」さんに行って来ました。こくやさんは、白馬から長野に向かう通称「オリンピック道路」を走り、小川村の役場などがある、脇道に曲がった道路沿いにあります。

地元の人たちや、サラリーマン、作業員の方などで、とても混みあう、昔からある食堂という雰囲気のお店です。そして、多くの人が「鍋焼きうどん」を頼む人気店です。ちなみに、どのメニューを頼んでも1000円以内♪

鍋焼きうどんは、大きなお鍋に太めのうどんと、沢山の具材が入っていて、ボリューム満点です。冬は特に身体が温まって、美味しく頂けます。

そして、食後は「小川村歴史郷土館」の中にある喫茶「四季」でコーヒーを頂きました。こちらでは、プレスコーヒーという、珍しいコーヒーが頂けます。また様々な企画展も開催していて、この日は「増田恵さん」という方の写真展をしていました。歴史郷土館は有料ですが、喫茶スペースや企画展は無料で見ることが出来ます。ちょっとした休憩におススメです。

小川村は、白馬から長野市に向かうオリンピック道路の道中にある、とても長閑で良い所です。桜の季節や紅葉の時期などは、車で走っていても、とても綺麗です。ぜひ機会が有りましたらお立ち寄り下さい。


コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

Get Adobe Flash player